mk-walker’s diary

子供の頃から、上手ではないですが、お手紙や文章を気儘に書くことが好きで、お手紙をよく送った昔からの親友の薦めも後押しして、ブログを始めてみました。今の生活の中心は、子育て、糖質制限のある家族の食事、大学生協のパートにほぼ毎日出ながら、いかにこざっぱりと暮らし、家事を回して行くか、なのかと思っています。他に心の中にあることは、早くに父と妹を亡くしまして、実家の家族のこと、日常の食生活からかけ離れたスイーツバイキングのこと等。とにかく徒然草の如く心にうつりゆくよしなしごとを気楽に書いています。

Tシャツのお直し

20年以上使っているTシャツがあります。
f:id:mk-walker:20200313000453j:plain
UNITED ARROWS
白地にネイビーのボーダーの長袖、
春秋に直接肌に当てずに着ているので、傷みにくいのかもしれません。
布地は厚手の綿でしっかりしていて、着心地がよく、愛用しております。

でも、長年の使用で、流石に袖口がほころんできました。手先の部分なので、目につきそうで気になってきました。
f:id:mk-walker:20200313000648j:plain
着心地が良いので、外出用アウターから家用にと思いましたが、家用には、かぶる物より前開きの服を使いたいのと、袖口以外はあまり傷んでないから勿体無い気がしました。

ニットだけれど、袖を少し切れるのかな?
身長157センチの私で、恐らくこのTシャツはもう少し背の高い方でも着れる寸法、袖はややゆったり長さでしたので、擦り切れやすかったのかもしれないです。少々切っても着るのに差し支えないのでは。

家で着るなら、節約も兼ねて自分で縫うのですが、出来れば外出用に、丈夫できれいに仕上たいので、リフォーム屋さんの情報を見てみました
マジックミシンさんで、ニットのお直しが2500円ほどで出ていました。
当時このTシャツ自体8千円、私の個人的な価値観ではお高いTシャツなのですが、それなりに良いものだったのでしょう、長年使えてきました。近くのマジックミシンさんにご相談してみました。

1980円で、元とステッチは変わりましたが、ほころびが無くなるよう最小限のカットをお願いできて、このTシャツは、外出着として、まだ働いてもらうことになりました。

カット前の袖口
f:id:mk-walker:20200313000632j:plain

カット後の袖口
f:id:mk-walker:20200317182101j:plain

カット片
f:id:mk-walker:20200317183339j:plain

お会計
f:id:mk-walker:20200317183652j:plain

お直し前
f:id:mk-walker:20200313000454j:plain

お直し後
f:id:mk-walker:20200317182130j:plain


私の価値観では、お高いTシャツ、懐かしい購入のきっかけがあります。

大学を卒業してすぐでした。
たまたま入った自宅近くの小さな百貨店内のお店で、大学の同期が店員さんをしていたのです。

親友というわけではないけれど、隣のクラス感覚の女の子で、気の良いボーイッシュで、美術教育専攻、確かダンス部でしたか、お洒落な、頼香(よりか)ちゃんという名前の通りの人でした。
何か買って上げたい気もして、必要でもあったので、スーツ下に着るシャツブラウスを買いました。

もう一度、このお店で会った時、強いて買うものはなかったのですが、飽きのこない長いこと着れそうなデザインのこのTシャツを、薦めてくれたこともあって、実家暮らし、独身の切羽詰まらないお財布事情で買って帰りました。

就職難が始まった頃で、教育系の大学を卒業しましたが、教職を希望している人でも、すぐに就ける人は少なかったです。私も卒業間際に中小企業に滑り込むように就職しました。ちょうど阪神大震災の直後の時期でもありました。

頼香ちゃんと会ったのは、それが最後で. 無事故郷で先生をしていると良いなぁとTシャツを見るたびに思います。

もう少しTシャツを一軍アイテムとして着れそうで、嬉しいです。