mk-walker’s diary

子供の頃から、上手ではないですが、お手紙や文章を気儘に書くことが好きで、お手紙をよく送った昔からの親友の薦めも後押しして、ブログを始めてみました。今の生活の中心は、子育て、糖質制限のある家族の食事、大学生協のパートにほぼ毎日出ながら、いかにこざっぱりと暮らし、家事を回して行くか、なのかと思っています。他に心の中にあることは、早くに父と妹を亡くしまして、実家の家族のこと、日常の食生活からかけ離れたスイーツバイキングのこと等。とにかく徒然草の如く心にうつりゆくよしなしごとを気楽に書いています。

母が来た日は中秋の名月

2022年9月10日、中秋の名月

日中は曇りがちで、どうせ見えないだろうと思っていましたが、夜になるほどに晴れて、よく見えました。

月の出、

f:id:mk-walker:20220911201852j:image

夜半、

f:id:mk-walker:20220911201938j:imagef:id:mk-walker:20220911202003j:image

序盤は鰯雲で、それまた秋らしいですが、夜は澄み渡っていました。

と、お月様の記録をするつもりはさらさらなく、息子に月がきれいだと声をかけながら、何気に撮っただけ。

書き残すつもりになったのが、この日、りんごと梨を頂いたので。

f:id:mk-walker:20220911202331j:image

お月見バージョンで、頂いた翌日ですが、久々にうさぎりんごを作りました。

果物を差し入れてくれたのは、私の母です。一週間前、2年8ヶ月ぶりに私単独で、実家に帰りました。

片道、車なら高速乗れば一時間、公共交通機関でも二時間弱程度の距離なのですが、コロナ禍で、ヘルパーの仕事をしている母で、万が一のことを思うと感染源になっては…と懸念して帰れませんでした。

しかし2022年春からは、世の中は感染状況は凄まじいものの、活動は普通になり、母もあらゆるお友達に誘われ、ボランティア活動もして、お稽古事も再開、お遊びのお出かけもするようになりました。

それならば、実の娘と会えないわけもないので、久々に帰り、一泊。ご馳走にもなり、ゆっくり寝て、しゃべりもしました。

私、実家に忘れ物をしてしまったのです。ペットボトルを冷やすボトル。2個あるので困らないのですが、母が気にして、帰省から一週間後、電車でうちの近くの駅まで持参。改札にての対面でしたが、受け取りました。一緒に持ち帰り忘れた口を切った白ワインと、りんごと梨と。マスクと美容クリームも入ってました。

マスクは、車を出して買物した時、車を降りる前にはたと気付いた、うっかり母がマスクを付け忘れていて、私の手持ちの個包装のストックを一枚あげて、そのお返しのようです。


f:id:mk-walker:20220911205034j:image

一人息子、母にとっては唯一の孫も改札で久々に会わすことができ、でもお互いにそれなり忙しい身ではありながら、改札で愛想なかったかなと思ったり。

 

りんごをお月見バージョンで剝くことを思いついて、芋づる式に、お月見の記録をする気力が出た次第です。

母が来た日は中秋の名月

2022年9月10日、中秋の名月

日中は曇りがちで、どうせ見えないだろうと思っていましたが、夜になるほどに晴れて、よく見えました。

月の出、

f:id:mk-walker:20220911201852j:image

夜半、


f:id:mk-walker:20220911201938j:image


f:id:mk-walker:20220911202003j:image

序盤は鰯雲で、それまた秋らしいですが、夜は澄み渡っていました。

 

と、お月様の記録をするつもりはさらさらなく、息子に月がきれいだと声をかけながら、何気に撮っただけ。

 

書き残すつもりになったのが、この日、りんごと梨を頂いたので。


f:id:mk-walker:20220911202331j:image

お月見バージョンで、久々にうさぎりんごを作りました。

 

果物を差し入れてくれたのは、私の母です。一週間前、2年8ヶ月ぶりに私単独で、実家に帰りました。

片道、車なら高速乗れば一時間、公共交通機関でも二時間弱程度の距離なのですが、コロナ禍で、ヘルパーの仕事をしている母で、万が一のことを思うと感染源になっては…と懸念して帰れませんでした。

 

しかし2022年春からは、世の中は感染状況は凄まじいものの、活動は普通になり、母もあらゆるお友達に誘われ、ボランティア活動もして、お稽古事も再開、お遊びのお出かけもするようになりました。

 

それならば、実の娘と会えないわけもないので、久々に帰り、一泊。ご馳走にもなり、ゆっくり寝て、しゃべりもしました。

 

私、実家に忘れ物をしてしまったのです。ペットボトルを冷やすボトル。2個あるので困らないのですが、母が気にして、帰省から一週間後、電車の改札にての対面でしたが、受け取りました。一緒に持ち帰り忘れた封を切った白ワインと、りんごと梨と。マスクと美容クリームも入ってました。

マスクは、車を出して買物した時、車を降りる前にはたと気付いた、うっかり母がマスクを付け忘れていて、私の手持ちの個包装のストックを一枚あげて、そのお返しのようです。


f:id:mk-walker:20220911205034j:image

一人息子、母にとっては唯一の孫も改札で久々に会わすことができ、でもお互いにそれなり忙しい身ではありながら、改札で愛想なかったかなと思ったり。

 

りんごをお月見バージョンで剝くことを思いついて、芋づる式に、お月見の記録をする気力が出た次第です。

びすとろ希味さんの想い出

もう閉店してしまった京都四条近辺のびすとろ希味さんというお店のお話です。

2500円のランチが圧巻で、次から次と和食洋食入り混じったようなお料理が出てきます。
f:id:mk-walker:20220903072245j:image
f:id:mk-walker:20220903072306j:image
f:id:mk-walker:20220903072437j:image
f:id:mk-walker:20220903072551j:image
f:id:mk-walker:20220903072615j:image
f:id:mk-walker:20220903072631j:image
f:id:mk-walker:20220903072706j:image
f:id:mk-walker:20220903072813j:image

我が家では、2回行きました。息子が2歳過ぎの本当に小さかった時、そして高校合格祝い、2021年の春。好き嫌いの少ない息子は、焼肉より値打ちがあると申してました。2回目は、私は食べ切れなくて、大喜びの息子に分けてやりました。また行きたいね、成績が良かったら、とダンナが言っていたら、残念、叶わぬままに閉店となりました。

お料理の詳細は忘れましたが、この日は豆乳鍋っぽいものや鰆の蒸し物やホタルイカカルパッチョ、アサリ等ありました。京都を意識したもの、季節折々のお献立。

2つ、残しておきたい想いというのか、印象というのか、記憶というのか。

おそらく、お酒や会話を楽しみながら、ゆっくり頂くお食事なのでしょうが、うちの大食漢のダンナと息子、あっという間に平らげていきます。店主さんが様子を見ながらお料理を準備して下さるのですが、「早いですねぇ…」と。

「そうなんです、申し訳ないです。私も毎日大変なんですよ。」日々の食卓、お魚を焼く9分の間に、山盛り盛り付けたお野菜やお惣菜が、なくなってしまい、私自身苦労してるので、ご主人に共感してしまいました。 

後、最後に出てきた手まり寿司。

家族で回転寿司は定番の外食ですが、若い頃はおいしく食べていた回転寿司、私はこの頃美味しく思わなくなっていて。

こちらの手まり寿司は、美味しかったですね。

シャリとネタの握り具合がよく、一体感がありました。お寿司ってこれなんだと。回転寿司の握りは、シャリとネタがばらばらで、食べにくさも感じるようになってしまっているのだなと。
f:id:mk-walker:20220903072840j:image
とにかく、閉店は残念です。お店のInstagramによると、2021年の11月だったらしく、息子の記憶に残る時に、ぎりぎりセーフで食べさせてあげられました。

家族に美味しいものを食べさせて頂き、心地良い共感と美味しさの感動を下さった店主さんに感謝しております。

伊賀上野 湖月堂のきんつば

三重県伊賀上野上野城の城下町にある湖月堂さんのきんつば、これまで食べたきんつばの中で一番美味しく感じました

f:id:mk-walker:20220604201316j:image

要冷蔵で、保冷剤を付けてくださいました。

きんつば、冷やして食べるイメージはなく、冷やしてしまうと、固くなるような、甘さが感じられなくなるような気がするお菓子なのですが、

 

小豆の皮の雑味はないのですが、

そして、冷やして食べても、小豆の風合いを感じ、

少し暑くなった六月、すっきりとした口当たり、

甘さ控え目でも物足りなさなく、でした。

 

お店のご案内によると、まる3日かけて仕上げ、無添加。賞味期限は2日となっていて、まさにその通りに感じるお味でした。一日100個限定だそうです。

f:id:mk-walker:20220604204602j:image


f:id:mk-walker:20220604204620j:image

こういったものだと取り寄せは難しい、お店に足を運ばなければ手にはいらない物ですね。京都に住んでいて、一回ぐらい、行ってみようかと日帰りドライブ旅で訪れた伊賀上野です。再び味わうことは、なかなか出来ないかなということで、記しました。

因みに伊賀上野の見処は、お城の公園内にある、この伊賀上野で生まれ育った松尾芭蕉を讃え作られた俳聖殿でした。昭和の戦時中に作られたらしく、これまた見たこともない、洒落た和風の建物でした。
f:id:mk-walker:20220604203651j:image

 

子供の日の胡瓜盛〜柏餅の記録

子供の日のメニュー、さして何も思い浮かばず、数日前に鶏胸肉が安くで大量に買えたので、塩麹に漬け込んでおいて、一品増やせば豪華になるか、程度。

当日の買い物途中に、時折携帯電話を覗くのですが、子供の日のメニューの画像が上がってきます。献立に凄い気合い入れるつもりもないと思ったり、やはり何かしてやりたいと思ったりで、料理の画像を見てみました。

胡瓜の輪切りを目に見立てた鯉のぼりの盛り付けがありました。

夕食に、よく家で出す献立の一つ、胡瓜スティック、味噌を添える物を入れるつもりだったので、参考にしました。


f:id:mk-walker:20220505224430j:image

ダンナはふうんという感じでしたが、息子は高校2年になりましたけど、高評価くれました。この頃はゲームばっかりして、口を開けば生意気だったりですが、たまに良い子やなと思います。

 

他の献立、息子の好物ではありますが、渋いです。 

メインはかれいのみりん漬、めちゃめちゃ美味しいですが、渋いなぁ〜。
f:id:mk-walker:20220505224902j:image

副菜は、

上記の胡瓜盛に、

塩麹につけた鶏胸肉のグリル焼き、

こんにゃく炊いたん、

もやしと人参のごま酢和え。

f:id:mk-walker:20220505224840j:image

 

ついでに柏餅のお話ですが、5/3の夜に味噌餡の柏餅を家族で頂きました。

個人的な記録がてら書くので、画像もないですが、お店の名前などは、読まれた方が、もし参考になれば幸いです。

 

結婚してからは、味噌餡の柏餅を食べるようになりました。小豆のあんこは大好きですが、結婚したタイミング、30代から、あらゆる豆製品、きな粉やら味噌餡の魅力に取り憑かれて。 

せっかく柏餅食べるなら、この時期しかない味噌餡でしょというところです。

味噌餡のお菓子は、お正月に甘く炊いたごぼうを添えた花びら餅というものがあり、それも美味しいですが、ごぼうが付かないほうが、味噌餡は楽しめる気はします。

中村軒、井津美屋さんというような京都の和菓子屋さんのものも食べましたが、今年はダンナが、スーパーで売っているものでも良いように言いますので、味噌餡求めて、ちょっとウロウロして決めました。

今年食べたのは、綾部市にあるおおつき製菓さんというところのものでした。お店もあるようです。気持ち甘目に感じましたが、満足しました。マツモトという亀岡市発祥のスーパーでお取り扱いありました。

 

以下は、食べたもの以外で取った情報や見たもの。

ネットで見ると、シャトレーゼでもピンク色をした味噌餡の柏餅があるとのことでしたが、京都市内、府下、2軒のシャトレーゼでないことを確認しました。

 

明日香さんというメーカーさん、こちらもピンク色の柏餅、イオン、ライフで扱いあります。

 

よし廣さんという京都市内、二条駅近くの和菓子屋の商品も徒歩圏のライフでも味噌餡ありました。

栄養価的には、少しおおつき製菓さんのものより糖質が低いので、甘さ控えめの味かも。

 

来年は覚えていれば、少しだけ今年買ったおおつき製菓さんのものよりお高いですが、よし廣さんの物を買えたら、食べてみようかなと思います。

 

 

また明日


f:id:mk-walker:20220410214055j:image
春です。新学期の四月、勤めている大学生協にも、春が来ました。

沢山のご来店を頂き、週2日、3日だった仕事が毎日になりました。

職場を出る時に、誰か一緒なら、「また明日。」と声をかけるようになりました。

週2、3回の交代勤務だと、会わない人も増えましたが、毎日会えるようになること、

仕事が毎日あることは、パート勤務だとお給料的には、ありがたいこと、

そしてコロナ禍も決して治まった訳でもなく、人の多さに喜んだり心配になったりも、いつ感染してもおかしくない中で、仕事に出られること、

いきなり忙しくなり、体の調子も整えなければならないこと、

「また明日。」であってほしいという気持ちを込めて。

 

バスタイムは日中に

以前にも書いたことのあるお話もあるかと思いますが…、

息子のお弁当作りが始まってから、滅多に付かない髪の寝癖、いざ付いてしまうと、慣れないだけに、時間のやりくりに困るので、朝にシャワー浴するようになりました。

シャワー浴の後に、毎日、体を拭いたタオルで、浴室の拭き上げを、週に1回、塩素洗剤を吹き付けて擦る掃除を続けています。潔癖症ではないのですが、スッキリした洗面所やお風呂場、大好きなのですよ。

家事のノウハウの本に、お風呂場は乾燥させることが汚れを防ぐ一番の方法と書かれてあるのを読み、体を拭いたタオルでなんて、と思いましたが、毎日拭けば、気にならなくなるものです。

その生活を続けてから、数年経ち、我が家のバスルームは、古くはなりますが、古いけれど、お掃除はそこそこ行き届いているビジネスホテル並みの体裁は保っているように感じます。

息子の通学時間が高校生になり早くなって、30分早めてやっています。

しかし、冬は寒いです。今年の冬は本当に寒い日が多かったですね。毎日、修行のように感じて拭き上げをしていますが、まさに修行の気分になります。

大学生協でパート勤務をしてますが、この2年位、12時出勤という曜日が週に3日になりました。

そして季節労働者のよう、前期、後期の授業が終わり、学生さんが長期休みに入ると、仕事がぐっと減り、収入も減りますが、平日にお休みが頂けます。

ゆっくり出勤の日や、平日休みの日は、家族が出払ってから、シャワー浴と浴室の拭き上げをすることにしました。

寒い朝に、ばたばたシャワー浴、浴室の拭き上げ、弁当作りに朝御飯をするより、日中、少し気温が緩んでから、温泉に行くようなデイタイムにシャワー浴して、掃除をするほうが、ズボラ感があって、一人で浴室のメンテを抱え込んで損した気分になるより、家族に対しても不公平感がなくなって良いかなというように思います。

小さなことでも、辛いことや不快なことは消していくこと、機嫌良く過ごせる自分を見つけていきたいです。

f:id:mk-walker:20220308131832j:image