mk-walker’s diary

子供の頃から、上手ではないですが、お手紙や文章を気儘に書くことが好きで、お手紙をよく送った昔からの親友の薦めも後押しして、ブログを始めてみました。今の生活の中心は、子育て、糖質制限のある家族の食事、大学生協のパートにほぼ毎日出ながら、いかにこざっぱりと暮らし、家事を回して行くか、なのかと思っています。他に心の中にあることは、早くに父と妹を亡くしまして、実家の家族のこと、日常の食生活からかけ離れたスイーツバイキングのこと等。とにかく徒然草の如く心にうつりゆくよしなしごとを気楽に書いています。

子供の日の胡瓜盛〜柏餅の記録

子供の日のメニュー、さして何も思い浮かばず、数日前に鶏胸肉が安くで大量に買えたので、塩麹に漬け込んでおいて、一品増やせば豪華になるか、程度。

当日の買い物途中に、時折携帯電話を覗くのですが、子供の日のメニューの画像が上がってきます。献立に凄い気合い入れるつもりもないと思ったり、やはり何かしてやりたいと思ったりで、料理の画像を見てみました。

胡瓜の輪切りを目に見立てた鯉のぼりの盛り付けがありました。

夕食に、よく家で出す献立の一つ、胡瓜スティック、味噌を添える物を入れるつもりだったので、参考にしました。


f:id:mk-walker:20220505224430j:image

ダンナはふうんという感じでしたが、息子は高校2年になりましたけど、高評価くれました。この頃はゲームばっかりして、口を開けば生意気だったりですが、たまに良い子やなと思います。

 

他の献立、息子の好物ではありますが、渋いです。 

メインはかれいのみりん漬、めちゃめちゃ美味しいですが、渋いなぁ〜。
f:id:mk-walker:20220505224902j:image

副菜は、

上記の胡瓜盛に、

塩麹につけた鶏胸肉のグリル焼き、

こんにゃく炊いたん、

もやしと人参のごま酢和え。

f:id:mk-walker:20220505224840j:image

 

ついでに柏餅のお話ですが、5/3の夜に味噌餡の柏餅を家族で頂きました。

個人的な記録がてら書くので、画像もないですが、お店の名前などは、読まれた方が、もし参考になれば幸いです。

 

結婚してからは、味噌餡の柏餅を食べるようになりました。小豆のあんこは大好きですが、結婚したタイミング、30代から、あらゆる豆製品、きな粉やら味噌餡の魅力に取り憑かれて。 

せっかく柏餅食べるなら、この時期しかない味噌餡でしょというところです。

味噌餡のお菓子は、お正月に甘く炊いたごぼうを添えた花びら餅というものがあり、それも美味しいですが、ごぼうが付かないほうが、味噌餡は楽しめる気はします。

中村軒、井津美屋さんというような京都の和菓子屋さんのものも食べましたが、今年はダンナが、スーパーで売っているものでも良いように言いますので、味噌餡求めて、ちょっとウロウロして決めました。

今年食べたのは、綾部市にあるおおつき製菓さんというところのものでした。お店もあるようです。気持ち甘目に感じましたが、満足しました。マツモトという亀岡市発祥のスーパーでお取り扱いありました。

 

以下は、食べたもの以外で取った情報や見たもの。

ネットで見ると、シャトレーゼでもピンク色をした味噌餡の柏餅があるとのことでしたが、京都市内、府下、2軒のシャトレーゼでないことを確認しました。

 

明日香さんというメーカーさん、こちらもピンク色の柏餅、イオン、ライフで扱いあります。

 

よし廣さんという京都市内、二条駅近くの和菓子屋の商品も徒歩圏のライフでも味噌餡ありました。

栄養価的には、少しおおつき製菓さんのものより糖質が低いので、甘さ控えめの味かも。

 

来年は覚えていれば、少しだけ今年買ったおおつき製菓さんのものよりお高いですが、よし廣さんの物を買えたら、食べてみようかなと思います。

 

 

また明日


f:id:mk-walker:20220410214055j:image
春です。新学期の四月、勤めている大学生協にも、春が来ました。

沢山のご来店を頂き、週2日、3日だった仕事が毎日になりました。

職場を出る時に、誰か一緒なら、「また明日。」と声をかけるようになりました。

週2、3回の交代勤務だと、会わない人も増えましたが、毎日会えるようになること、

仕事が毎日あることは、パート勤務だとお給料的には、ありがたいこと、

そしてコロナ禍も決して治まった訳でもなく、人の多さに喜んだり心配になったりも、いつ感染してもおかしくない中で、仕事に出られること、

いきなり忙しくなり、体の調子も整えなければならないこと、

「また明日。」であってほしいという気持ちを込めて。

 

バスタイムは日中に

以前にも書いたことのあるお話もあるかと思いますが…、

息子のお弁当作りが始まってから、滅多に付かない髪の寝癖、いざ付いてしまうと、慣れないだけに、時間のやりくりに困るので、朝にシャワー浴するようになりました。

シャワー浴の後に、毎日、体を拭いたタオルで、浴室の拭き上げを、週に1回、塩素洗剤を吹き付けて擦る掃除を続けています。潔癖症ではないのですが、スッキリした洗面所やお風呂場、大好きなのですよ。

家事のノウハウの本に、お風呂場は乾燥させることが汚れを防ぐ一番の方法と書かれてあるのを読み、体を拭いたタオルでなんて、と思いましたが、毎日拭けば、気にならなくなるものです。

その生活を続けてから、数年経ち、我が家のバスルームは、古くはなりますが、古いけれど、お掃除はそこそこ行き届いているビジネスホテル並みの体裁は保っているように感じます。

息子の通学時間が高校生になり早くなって、30分早めてやっています。

しかし、冬は寒いです。今年の冬は本当に寒い日が多かったですね。毎日、修行のように感じて拭き上げをしていますが、まさに修行の気分になります。

大学生協でパート勤務をしてますが、この2年位、12時出勤という曜日が週に3日になりました。

そして季節労働者のよう、前期、後期の授業が終わり、学生さんが長期休みに入ると、仕事がぐっと減り、収入も減りますが、平日にお休みが頂けます。

ゆっくり出勤の日や、平日休みの日は、家族が出払ってから、シャワー浴と浴室の拭き上げをすることにしました。

寒い朝に、ばたばたシャワー浴、浴室の拭き上げ、弁当作りに朝御飯をするより、日中、少し気温が緩んでから、温泉に行くようなデイタイムにシャワー浴して、掃除をするほうが、ズボラ感があって、一人で浴室のメンテを抱え込んで損した気分になるより、家族に対しても不公平感がなくなって良いかなというように思います。

小さなことでも、辛いことや不快なことは消していくこと、機嫌良く過ごせる自分を見つけていきたいです。

f:id:mk-walker:20220308131832j:image

きんちゃくが作れなくて

最近、放送のあったNHKきょうの料理のレシピで、切り干し大根とひじき、豚肉こま切れを具材に使った油揚げを使ったきんちゃくがあり、常時家にある食材で出来るので、節約定番料理にならないかチャレンジしてみました。

きんちゃくを作るのは初めて。

でも、爪楊枝で口を閉じるという作業が、穴が開いてボロボロになりそうで、怖くてできず、巻いて閉じてしまいました。

レシピ通りに小蕪と炊き合わせたのですが、かんぴょうなんて家にはなく、苦し紛れに蕪の茎を紐にして、くくりました。レンチンして柔らかくすると、やりやすく。きんちゃくではなく巻物になりました。

f:id:mk-walker:20220123111141j:image
お手本↓
f:id:mk-walker:20220123111720j:image

でも、お料理と体裁としては、我ながらは合格点。きんちゃく、作れなくても良いの。

ただ、手際が悪いこともあってですが、調理時間30分ではいつまで鍛錬しても出来る見込みは感じられないのと、きんちゃくはジューシーな物をイメージしていたのですが、案外あっさりで、鶏もも肉を少し細かめのダイスにした方が好みかも。

家族はそこそこ喜んで食べてくれましたが、私は一緒に炊いた小蕪と小蕪の葉の方が格段に美味しくて。

節約料理の定番には厳しそうです。日々修行です。

 

スーパー万代のプレミアムあんぱん!


f:id:mk-walker:20220105221124j:image

見よ、このたっぷりのあんことホイップクリームの入ったパン!
記事は、画像がなくても、文章を読めばわかるように書くことを心がけているのですが、このパンについては、画像をまず持ってきてしまいました。f:id:mk-walker:20220105211948j:image

今回は、シンプルに、個人的に大好きなあんことホイップクリームたっぷり、お気に入りの菓子パンのご紹介です。

プレミアムあんぱんというネーミングで、スーパーの万代の中のベーカリコーナーで売っています。

お値段は148円(税別)。

大きさは、普通のアンパンよりは小さい感じですが、大ぶりのシュークリームぐらいの大きさはあるでしょうが。持つとずっしり感があります。

お味は、ホイップクリームは甘さ控えめで、あんこはそこそこ甘く。一緒に食べるとバランスよい味加減です。パン生地は普通のアンパンと近い、きめ細かく、大きく主張はしない、フィリングを引き立て包み込んでいる感じでしょうか。

あんこ&ホイップクリームの菓子パンは、袋パンでもありますし、このパンと近いテイストは、コンビニのデイリーヤマザキの店内ベーカリーで同じ価格帯でありますが、ヤマザキさんの方が、ややサイズが大きく、パンの比率が高いです。こんなにフィリングがたっぷりの物に出会ったことはありません。

クリームは穴を開けて後入れでしょうか。f:id:mk-walker:20220105215429j:image

カロリーは400〜500kcalの爆弾並かと思いきや、案外、大きなシュークリーム並、重さが120gあったので、360kcal位?、糖質は60g位?一食40g制限の方には高めです。

f:id:mk-walker:20220105215805j:image

悪魔スイーツの類には入りますでしょうか。

でもたっぷりのクリームに、程よくあんこの入ったこのパンを頬張ると、幸せになってしまう自分はどうしょうもなく。家計に優しいお手頃なおやつということだけは、罪悪感が少ないです。

 

あんこ&ホイップクリーム、お好みは分かれると思いますが、お好きな方に、ヘルシー路線ではありませんが、オススメの菓子パンです。

蛸唐草のマグカップ〜今年は五十歳

インスタントコーヒーでもがぶがぶいってしまう無類のコーヒー好きです。

が、この頃、あれこれ飲むようにしています。

甘いものを食べる時は、コーヒーよりお茶が歯にも中性脂肪にも良いらしいという情報を読み、お白湯も紅茶も日本茶も好きですから、一日の中で気分に合わせてですが、取り混ぜてます。

どのご家庭でもマグカップはヘビーユーズの食器だと思います。使いやすいですね。

カップ&ソーサーよりお手軽で洗い物が少なくて、

コップや湯呑に比べると、取手があると作業しながらでも持ち易く、移動もしやすい。

沢山飲みたいから大きなものを使っているのですが、日本茶を注ぐ時と、パン食ではないご飯時のお白湯やお茶に使うとなると、いわゆるマグカップでは、そぐわない気がします。コーヒー以外のものをよく飲むようになってから、マグカップではなく、自分専用にしてる湯呑を引っ張り出して使うことが増えました。

若い頃は、というか、40代になっても和柄のマグカップ自体に違和感や年寄臭さを感じて、敢えて使いたいとは思いませんでした。マグカップは洋食器のイメージが強くて。

ところが、心境の変化もあってか、日本茶や和食のお供にもしっくり飲めるように感じる和食器柄のマグカップが、急に欲しくなってきました。

欲しくなると、案外「ない」のです。ネット通販等では、結構お高かったり。

そんな中、近所のイオンモールの専門店のワゴンで、惹かれるものを発見。

500円ほどなので、高級品ではないのですが、100均の食器もフル活用している私、その時は節約モードに入っていて、よく使っているマイ湯呑もあるし、面倒でも気分によって使い分けをしようかと、購入を見合わせました。

ところが、そのマイ湯呑、台所の作業中に傍らに置いていて、落として割ってしまったのです。

湯呑を買うぐらいなら、見ていたマグカップが欲しくなり、改めてお店に足を運んだのですが、ワゴンは片づけられていて、5個も並んでいたのに、お店の中には一つも残っていません。

気になった時に、買っておけばよ良かったと後悔した二週間後ぐらいでしょうか。西友さんの食器売場のワゴンで全く同じものを5個、見つけてしまいました。しかも初めに見た金額よりお安くなっている。売れずにこちらに回ってきたのかしら。そうだったとしても、私にとってはびっくりするありがたい出来事でした。

これは買わなきゃ、と買って帰り、使ってみると、300ccたっぷり容量もあり、自宅の濃いめのブラウンの食卓テーブルと色合いの合うこと。紺系の柄の蛸唐草です。形がラッパ型というのかチューリップがたというのか、きちんとした円柱や円錐型ではないため、湯呑のテイストが出るのかもしれません。改めて購入後もあれこれ見るのですが、案外、見かけない形でした。


f:id:mk-walker:20220104222030j:image

重みはありますが、取手は馴染みがよく、持ってみて重さは感じない。

もし、壊してしまったら、スペアが欲しくて、追加で2個買ってしまいました。形がいびつで、手作り感があり、各々少しずつ形も柄ゆきも違うのも面白い。

和柄のマグカップに惹かれるようになった自分は、今年50歳で、そんな物が似合う歳と心境になったこと、そして2個もスペアがあれば、そそっかしく壊してしまっても、死ぬまで使えるかしら、ふとそんなことも考えてしまいました。

2021年のクリスマス記録

2021年のクリスマス、記録までです。

ダンナの提案で、クリスマスイブではないですが、土日25-26日、ご飯メインの近隣奈良にあるお宿に一泊二日、家では簡単にしようということになりました。

旅は嫌いではないのですが、仕事があるとしんどくて、年末の休み前だと大乗り気になれました。

頑張らなくて良いと思うと、ちょっと頑張れるもので、宿泊イベントを組んだダンナは、一昨年、昨年とクリスマス飾りをしてくれたのをお休みしたのですが、今年は私がゆるゆるとツリーを引っ張り出してしまいました。

f:id:mk-walker:20211225171219j:image

妹の遺品、ドイツ、ローテンブルグの木製ツリー2台を飾りたくて、雪に見立てた白い繊細なレースの縁取りがある敷物を取り柄合わせて置きました。お洒落だった妹も満足してくれそうに思えました。

メイン飾りの実家で私が子供時代に使っていたツリーは、この2年、ダンナが凝って買い足しもして多くのアイテムを使い、ぐるりと全体を飾り付けしましたが、私は手抜き。

照明だけは、バランス見ながら気を使ってぐるり巻いて、後は玄関にいきなり設置して、見える面だけ、妹のツリーに合いそうなものを選んで飾り付けました。毎年、同じ飾りにしなくても、色やデザインはテーマがあっても良いしね、と。

いつものお惣菜や蒸し野菜も、並べ方だけは頑張れました。イオンの処分品コーナーで、一枚50円で購入した星型の皿を使ってみました。

f:id:mk-walker:20211225181129j:image

年に一回くらいなら、珍しくて美味しいからと、チキンはコンビニで準備。(ローソンです。)f:id:mk-walker:20211225181153j:image

ケーキは、ダンナにいつもしっかり相談するのですが、今年はメインのご飯は旅先なので、あれこれ相談せず、生協さんで冷凍のケーキを見繕って済ませられました。キャラメル系のロールケーキで、トッピングのナッツがアクセントになり、非常に、ではなかったのですが、普通に美味しいケーキでした。
f:id:mk-walker:20211225181301j:image

実は本命のスイーツは、シュトーレン

ホテルヒューイット甲子園のシュトーレンをスーパーのクリスマスケーキのパンフレットで見かけて、こちらのホテルのビュッフェやスイーツは評判が好いように記憶していたので、チャレンジしてみました。

クリスマス当日の朝に、少し頂きましたが、期待通りの味!


f:id:mk-walker:20211225181658j:image


f:id:mk-walker:20211225181717j:image


f:id:mk-walker:20211225181741j:image

シュトーレンですが、冷蔵仕様。材料はスパイスにコリアンダーがあり、合成油脂は使われておらず、生地はしっとり、良い素材を感じました。ダンナも外付けの砂糖が固まったアイシングではなく、さらさらの粉砂糖で、でも生地と一体感があるとごもっともな高評価。

 

簡単に済ませてしまって、でも、気分は楽しめたというのが今年のクリスマスの感想です。